So-net無料ブログ作成

ドクターイエローの時刻表 2015年3月のダイヤ改正について [関連情報]

ドクターイエローの時刻表
【2015年3月】の
ダイヤ改正について

⇒2016年のぞみ検測下りの時刻表はこちら!!

⇒2016年のぞみ検測上りの時刻表はこちら!!

⇒2016年こだま検測下りの時刻表はこちら!!

⇒2016年こだま検測上りの時刻表はこちら!!


(2016年更新)


スポンサーリンク






2015年3月14日土曜日
東海道新幹線において




最高速度285km/h
引き上げられます。




N700Aの増備や
N700系の改造などにより



ブレーキ
車体傾斜装置の性能
向上したためです。



★ドクターイエローの時刻表も変わる!?★



ここで関係してくるのが
ドクターイエローです。




ドクターイエローと呼ばれる




923形新幹線
電気軌道総合試験車。

dry121213nagoya.jpg




700系をベース
設計されたこの車両は




最高時速270km/hでの
検測が可能です。




しかし、
このドクターイエローが




廃止の方向
向かっています。



★ドクターイエローはどうして廃止の方向なの!? ★



原因としては




最高時速の低さ
過密ダイヤ
考えられます。





ドクターイエローを
走らせるためには




臨時ダイヤ
組む必要があり、




繁忙期の検測
難しくなります。



★ドクターイエローを廃止して大丈夫なの?★



ドクターイエローを廃止にしても
新幹線の安全に影響はないのか?



という疑問も
生まれそうですね。



でも、実は
ドクターイエローのような


検測専用車両がいない
新幹線の路線があります。



具体的に言うと、



JR東日本には
普段あまり
目立たないものの、



北陸新幹線の
走行試験で話題となった



E3系ベースのEast-i
あります。





そして、
JR東海・西日本
それぞれ1編成ずつ




ドクターイエロー
所有していますね。





しかしJR九州
九州新幹線には




検測専用車両は
存在しません





山陽新幹線と線路は
つながっていますが、



ATSや勾配
火山灰に対応していない



ドクターイエロー
走行できないのです。




検測車輌を
1両製造するにも
お金がかかる・・・




そこでJR九州は
800系U001編成




線路・架線を
検測するための機能を
載せてしまいました

tubame.JPG





その後、
800系の増備車では
それぞれの編成が




役割を分担して
検測を行っています。


スポンサーリンク






JR九州とは
経緯はちがいますが




営業列車に
その機能を移してしまえ!




というのが
JR東海の考えです。




そこで
JR東海はN700系の
量産先行車である



Z0編成(改造後X0編成)の
N700A化改造と共に



ドクターイエロー
一部の機能を移す
試験を行っています。




夜間の試運転では




パンタグラフ
照らすための照明が
目撃されています。




★ダイヤ改正での変更点は!? ★



東海道新幹線で
最高時速が
引き上げられると聞いて




私はヒヤヒヤしていました。




3月号の時刻表を見てみると・・・




下り検測のダイヤ「のぞみ337号」、
上り検測のダイヤ「のぞみ386号」




共に時刻の変更がありませんでした




その理由
N700系の代走




700系が入ることが
前提であることです。




JTB時刻表の
一番後ろには




列車の編成表が
載っています。




のぞみ(N700系)の
注釈には




「都合により
700系で運転する場合は
全車禁煙車となります。

この場合、
列車内に喫煙できる
スペースはありません。」



と書かれています。





これは単に
喫煙ルームがない
ということを説明した
件なのですが




これを読み換えると




N700系の代わりに
700系が入っても
特にダイヤが乱れることは
ありません。」




ということになるのです。





東海道新幹線270km/hの
現在のダイヤ



300系の基準
作成されたダイヤに



少し手を加えただけ。



先日、
のぞみ49号博多行き
N700系に乗車しました。




新横浜⇒名古屋の車内で



スマホアプリを用い
列車速度の変化
見ていると




常に250km/h前後
最高260km/hでした。




十分700系でも
走行できますね。




285km/hに最高時速を
引き上げたのは




列車遅延時のためであり、




通常時の最高速度は
270km/hのままのようです。




ダイヤ改正で
最速ののぞみ号が




東京⇒新大阪で
3分の短縮しか出来ない
理由もこれです。




X0編成の
検測技術が安定し、



その他の車輌に
改造工事
施されたときに




ドクターイエロー
廃止となります。




つい先日、
JR西日本のT5編成が
全般検査から
出場しました。




まだしばらくは
ドクターイエロー
走る姿が見られそうです。



《人気記事はこちら》

◇2017年のぞみ検測下り時刻表

◇2017年のぞみ検測上り時刻表

◇2017年こだま検測下り時刻表

◇2017年こだま検測上り時刻表

◇各車両の役割

◇検測と試運転の違いは?

◇「T4編成」と「T5編成」の見分け方


◇ドクター東海とは?


◇名古屋駅での撮影ポイント

◇ドクターイエロのお守りとおみやげ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
クレカ 旅行保険